トップ  »  スマイル  »  福祉の人々  »  織座農園の自然な田畑の野菜たち

織座農園の自然な田畑の野菜たち

長野県、浅間山を望む、南佐久郡八千穂村にある「織座農園」から、毎月、いろいろな有機野菜等を購入しています。冬期は野菜が採れないので、2月~4月便はお休みとなりますが、その他の月は採れたて野菜や無農薬の農作物の加工品が届きます。1月は、冬で収穫がほとんどなくなるので、根菜類(大根・人参・里芋・じゃがいも)と、玄米餅、花豆、納豆、お味噌等などでした。

私がここの野菜を購入し始めたきっかけは、農園のオーナーと、知り合いの編集者が友達だったからです。一昨年、その編集者の出版社へ行ったとき、デスクの上に段ボールが置いてあり、中に泥つきの野菜がありました。「無農薬の野菜で、おいしいのよ~」と、彼女が惜しげもなく分けてくれ、家に持って帰えり、食べたところ、本当においしかった!!!!!有機野菜はそれまでにも、いろいろtなところのものを食べていますが、ここは野菜はおいしいだけでなく、優しい味がしました。

で、とりこになって、「私も購入したい~」ということで、月に一回定期的に購入することにしたのです(家族が多い家は毎週とか月に2回とか購入しています)。

毎回、何が送られてくるのかは事前にはわからないのですが、ダンボール箱を開けると、そこのは旬の野菜が入っています。無農薬なので。決して見た目は良くありませんし、虫が一緒に配送されてきたりしますが、野菜本来のおいしさと、自然のおいしさがギッシリという感じです。本物は安全なだけでなく、おいしいのですよ。

地道にこうした野菜作りを続けているオーナーの典子さんの活動は、広い意味で、福祉的な活動でもあると思います。(人を幸福に知るのですから)

織座農園は典子さんと亡くなられた御主人が始められてから、22年になるといいます。実習生やボランティアの方々などと農作業を続けてきたことで、野菜だけでなく、素晴らしい人材も育っているようです。

一度、是非、お邪魔しようと思っています。ただ、前述の知り合いの編集者いわく…「行ったら、手伝わなければ駄目よ」     自慢ではないのですが、私は身体を動かすのが苦手、泥が苦手、虫が苦手等……ということで、どのタイミングで行こうかと思案中です。

織座農園の野菜にご興味が御有りの方は、このHPにお問い合わせください。

 

このページの先頭へ