トップ  »  スマイル  »  となりの介護  »  食介助にキッチンバサミ

食介助にキッチンバサミ

関西方面に住むY.A.さん。94歳の認知症のお母さんを自宅でみています。彼女の話は了解をとってから、たくさん書きたいことがあります。先日も電話で、夜中のトイレのことなどいろいろと話しましたが、その中で入れ歯の話が出てきました。お母さんは最近、入れ歯を入れたがらなくなったそうです。又入れ歯は下だけだそうですが、入れなくても結構食べれてしまうということでした。先日もデイサービスに入れ歯を忘れていったものの、不自由はなかったとか・・実際、高齢になると、入れ歯を入れなくなる方は本当に多いようです。(でも、歯医者さんは入れたがる?????)

ところで、もうひとつ、その時に出た話で、キッチンバサミをよく利用するということがありました。特に外食のときなど、持っていると多いに役立つといいます。食介助の際、確かに、お箸やフォーク、スプーンはもとより、ナイフでもで、食前に細かくするのは時間がかかり、結構大変です。韓国の焼き肉ではありませんが、ハサミでチョキチョキしたほうが素早く、適当な大きさにできるので、いいアイデアだと思い、本に載せればよかったと…。

ちなみにY.A.さん「外出の時は、小さいハサミにしたほうがいいですよ。100金にも小さいものが売っていますから、それで十分です」。確かに。あまり大きいハサミを持ち歩くと、おまわりさんに捕まりますものね。

このページの先頭へ