トップ  »  スマイル  »  久しぶりの地域保障研究会は「演劇とわたし」?

久しぶりの地域保障研究会は「演劇とわたし」?

先週の金曜日、以前、ミニ情報でスケジュールを紹介した、品川区にある福栄会で行われている「地域保障研究会」に久しぶりに参加しました。

以前ご紹介したように、この勉強会を開催していらっしゃるのは、特養の園長さんで、社会福祉士、介護福祉士、ケアマネジャーの中澤建樹さんで、集まるのは、福祉や介護の関係者の方々。そして、テーマはほとんどが、介護福祉関係なのですが、今回のように、一見、介護福祉とは無関係なテーマもあります。

そんな今回のテーマは、劇団芝居屋の主宰者、増田再起さんを迎えての「演劇とわたし~舞台からの表現術」でした。(劇団芝居者のホームページはhttp://www18.ocn.ne.jp/~shibaiya/)

ところで、今回のテーマ、介護福祉とは一見無関係と書きましたが、演技をするという点では、共通点はたくさんあります。介護や福祉活動をしているとき、ほとんどの人は、普段の自分とは異なる誰かを演じているのではないでしょうか?介護職や福祉職にはエンターテインメント性が必要だし、実際にいい介護職の方をみていると、いい意味で、凄く演技力があるなと、私はいつも思っています。

ちなみに、増田さんと一緒にいらしていた、劇団の秀野真樹子さんは、以前介護の仕事をなさっていたとか。

ところで、主宰の増田さんは脚本、演出を手掛け、さらには役者として舞台にも立たれています。凄い。一人で全部することはなかなかできないこと…たとえば私の場合、自分で書いて編集作業をすることがたまにありますが、できればしたくないし、実際に、ページ数が多いとできません。私は両方できる才能がないのと同時に、精神力、集中力がないんですよね。ホント。

劇団芝居屋の公演、次回は秋ということで、また予定が分かったら、ここで紹介します。

また、「地域保障研究会」、来月は7月16日(金)午後6時45分~、テーマは「居宅支援事業所とケアマネ業務」-「八潮陽だまり」の活動を振り返るー。報告者は、この勉強会のメンバー、坂寄道男さんです。興味がおありの方は、03-5479-2744、中澤さんまで、ご連絡下さい。

 

 

このページの先頭へ