トップ  »  スマイル  »  コロナ予防には手洗い・うがい、そしてよく噛むこと

コロナ予防には手洗い・うがい、そしてよく噛むこと

以前、高齢者の介護の本(最近のマンガ本ではありません)で、高齢者は唾液が減ることで、さまざまな弊害が起きるので、要介護者には唾液をたくさん出してもらう工夫をしましょうと書いたことがあります。

先日、かかりつけの歯科でコロナ予防には毎日のちゃんとしたブラッシングが大切だというパンフレットを頂き、口の中のことで、唾液の事を思い出しました。口内を清潔に保つことは、痰に清潔が保たれるだけでなく、大きな効果があります。

高齢者で唾液が不足することで起きる弊害で一番の問題は誤嚥。食物をスムーズに飲込めないことで、あらぬ方(肺の方)に食べ物がいき、むせたり、それが原因で肺炎になったりすることですが、忘れてはならないのが、体内に細菌やウイルスを入れないようにする働きが唾液にはあるということです。そこで、食事の前に口を動かす体操をしたり、話をしたり、歌を歌って唾液の分泌を良くする工夫を施設などでは行っているわけですが。

そんな唾液の働きが、昨今のコロナウイルス対策でも注目を浴びているようです。良質な唾液をたくさん出すとコロナウイルスに対抗できるようです。

唾液は99%余りが水分ですが、残りの1%足らずの中にたくさんの働きをする物質が入っています。よく知られているのは、炭水化物の消化酵素アミラーゼ。そして、昨今注目されている抗菌・抗ウイルス物質も10種類ほど含まれています。リゾチーム、ラクトフェリン、ペルオキシターゼ、免疫グロブリンなど、聞いたことがあるかもしれない物質です。こうした物質が働いてくれるおかげで、私たちは風邪やインフルエンザが身体に侵入することをある程度防ぐことができているのです。

その唾液の力をできるだけ有効にするには、唾液の量を多く、質を良くすることにあります。ではどうすれば、質の良い唾液をたくさん分泌することができるのでしょうか。高齢者の介護例ではありませんが、唾液がでる体操をしたり、唾液の分泌腺を刺激することで、唾液分泌はかなり増えますが、ここでは食に関しての視点から。

まず量を多くするには、老若男女関わらず、よく噛むこと。消化の面からも、抗菌の面からも、よく噛んで食事をすることです。当たり前のことですが、手洗い・うがい同様、抗ウイルスには欠かせないことです。

そして、唾液の質、より抗菌・抗ウイルス力を高めるには、いわゆる免疫力を高めると言われる成分を含む食品をとること。唾液の免疫力も高めてくれます。海藻類、きのこ類、野菜(特にネギ)、ゴマ、クルミの外、発酵食品、乳製品、食物繊維が豊富な物もお勧めです。もちろん、バランスがとれた食事を心がけたうえでの話ですが。

このページの先頭へ